エグゼクティブ・パーソナルアドバイザー

「企業はトップになるほど孤独です」 私はある社長に言いました。 「そうですね・・・」 静かに社長はうなずきました。 その一言は社長に就任した重みがこもっていました。 社長に就任したばかりで、 社内の統率から営業まで一度に彼の肩にかかっていました。 だから、社長は一人で夢告の扉を叩いたのです。 小坂梨歌はそんな企業のエグゼクティブ・パーソナルアドバイザーとして、 10年の実績があります。 多くの企業のエグゼクティブ・パーソナルアドバイザーとして、 お役に立ってきました。

夢には必ずメッセージが含まれています。 自分で見た夢を分析し、自分と家族、恋人、友人など大切な人の危険を予知したり、 病気の予知夢は早期発見、早期治療に役立ちますから、 予知夢を生活に活かし、自分と大切な人を守ることに役立つことができれば こんなに有り難いことはありません。

【夢告という予知夢について】

予知能力や予知夢は潜在的に誰にもあるのです。 仕事や恋愛、病気などに自分で予知夢を見て、 活かせるとしたら迷いや悩みも軽減されて、便利だと思いませんか? 病気の予知夢は早期発見に役立ちます。 夢告は見知らぬあなたのことが比喩であらわれます。 比喩を分析すれば、あなたの過去から未来が見えてくるのです。 夢告が占いや統計的なデーターと違う点は、 世界に一人しかいないあなただけの未来を透視できるということです。

【夢と夢告の違いについて】

古来から人間と夢は深い結びつきがありました。 夢を天災の予知、飢饉の予知、病気の予知など 生活に欠かせないものとして大切に受け止めてきました。 夢にはかならずメッセージが含まれているのです。 よく「夢は目が覚めると忘れてしまうんです」という方がいますが、 忘れてしまうような夢は「夢告」ではありません。 夢告は何年経っても忘れません。 見た夢を鮮明に覚えています。 それはあなたやあなたの家族、友人、知人に関する重要なメッセージが 含まれているからです。 夢告という予知夢はごく身近な夢から始まります。

MUKOKUKAI-夢告会

Designed by CSSデザインサンプル